ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

ドラッカーの名言 No.4:マーケティングとは何か?

マーケティングは、事業の最終成果、すなわち顧客の観点から見た全事業である。
【現代の経営 上】(p.49)

◆マーケティングは市場調査?◆

ある業種の人たちは、マーケティング=市場調査だと誤解しています。
市場調査は顧客ニーズや嗜好を知るために重要なものですが、マーケティングそのものではありません。

◆マーケティングは販売促進?◆

別のある業種の人たちは、マーケティング=販売促進と誤解しています。
ドラッカーは、「マーケティングは、販売をなくすものだ」と言っています。
しかし、その一方で、「現実問題として、販売をなくすことはできない」とも言っています。
このように、販売促進は、商品を売るうえで必要不可欠のものですが、マーケティングの一部の機能にすぎません。
では、マーケティングとは何なのでしょうか?

◆ドラッカーのマーケティングの定義◆

「マーケティングは、事業の最終成果、すなわち顧客の観点から見た全事業である」というのがドラッカーの定義です。
商品設計の前から始まる機能であり、顧客が購入した後まで、つまり、廃棄するまでを含めた機能です。
なぜならば、企業は、顧客満足を得るだけでなく、社員満足、社会の満足、株主満足まで得なければならない組織だからです。それが、企業の社会的責任でもあります。

これらすべての満足を得るための機能がマーケティングなのです。

◆マーケティングはイノベーションとセットで行う◆

企業が社会的責任を果たすには、相反するものを満足させるという「高い次元のバランス感覚」が必要になります。
現在のレベルで、それを実現することはできません。
したがって、イノベーションという機能が必要になってくるのです。
ちなみに、「改善・改良はより良いモノを求める機能であり、イノベーションはより新しいものを求める機能だ」とドラッカーは言っています。
しかし、単に新しいものを求める新奇性ではなく、利益を伴う新しいモノであることがイノベーションの条件です。

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. ニッチ市場を見つける着眼点:ニーズを特定する

  2. ぴよぴよドラッカー教室 013:優れたNPOから学ぶこと

  3. オーダーメイド型ニッチ戦略

  4. 001 藤屋がドラッカーに打ち込むようになったきっかけ

  5. 変化はチャンス!

  6. コラム:総合化と専門化

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL