ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

中小企業経営 売れる商品を開発できない

Q:完成品のメーカーです

ゲームセンター向けの機械をつくっている会社です。
特許も多数有しており、技術力には自信を持っているのですが、売れる商品が開発できていません。
どうしたらよいでしょうか?

A:ハードよりもソフトに力を入れてください

技術は道具にすぎません。
ビジネスにおける道具の役割は、売れる商品をつくり出すことです。
しかし、技術に自信がある企業は、いつの間にか技術が目的になってしまいます。
それが売れる商品を開発できなくなる理由です。

7年程前の事例で恐縮です。
たとえば、パチンコ・スロットの機械メーカーに平和という好業績企業がありました。財務体質はバツグンなのですが、数年、以前ほどのヒット商品を出せていませんでした。
同業のもう一つの好業績企業であるサンキョウは、「海物語」というロングセラーの商品を有しているばかりではなく、浜崎あゆみや倖田來未(くみ)などのヒット商品を出し続けていました。
業界関係者に聞いたのですが、両社の違いはハードに重点を置いているか、ソフトに重点を置いているかの違いだそうです。
平和は豊富な特許を含む高い技術力を有しています。
一方のサンキョウは、特許よりも有力な版権を持っているというのです。
10年以上も前から、浜崎あゆみや倖田來未など、お客様が遊びたくなるようなキャラクターの使用権を人気タレントの所属事務所と包括契約を結び、商品開発に生かしているのです。
なお、現在の両社の業績とは関係がない、過去の話であることを申し添えておきます。

同じように、ソニーがアメリカの映画会社を買収したことがありました。
同社は、「ハードを売る会社から、ソフトを提供するためのハードの会社に変更した」とドラッカーの著書で紹介されました。
これらの事例でわかるように、技術は手段(道具)であり、それ自体に価値があるのではなく、有効に使ってこそ、価値が生まれるのです。
あなたの会社は、ソフト開発にどれほど重点を置いているのでしょうか?
もし、「技術力さえあれば何とかなる」と考えているのであれば、考えを改めるべきです。
徹頭徹尾、ソフト開発にこだわってください。
自社開発が難しいのであれば、共同開発でも購入でもけっこうです。
お客様が望んでいるのは、楽しさなのですから。

このような思考法は、下記のビジネス教材で学ぶことができます

\ 中小企業経営の基本と原則が見て・聴いて・質問してわかる教材 /

  • 内 容:中小企業経営に不可欠の基礎知識をまとめました
  • 対象者:経営を体系的に学び直したい中小企業の社長・後継者の方
  • 費 用:4,980円(税別)と5,980円(税別)
  • 提供方法:ステップメルマガ形式で月4回、1回20分前後の映像と文章を配信
経営メルマガ会員募集

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. 中小企業経営 多角化戦略の進め方

  2. 中小企業経営 多角化 の必要性

  3. ドラッカーの言葉6 顧客がすべてを決める

  4. 中小企業経営 正しい答えを引き出すために

  5. ドラッカーの言葉9 ノウハウの本質

  6. ドラッカー7 顧客が解決したい問題は何か?

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL