ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

経営セミナー 中小企業にマーケティングは必要か?

AKB48をつくった秋元康さんは、「マーケティングはしない」と言っているそうです。
そんな彼が、ヒットを連発しています。

ドラッカーは「顧客の創造は、マーケティングとイノベーションで行なう」と言っていますが、実際はどうなのですか?
と質問されたことがあります。

マーケティングなくして、会社の経営や成り立ちません。
実は、秋元さんこそ、本当のマーケティングの実践者なのです。
秋元康さんがいう「マーケティング」とは、広告代理店やテレビ局が行なう「何人かを会議室に集めて座談会などをやらせるモニター調査」を指しています。
彼は、「そのようなことでは、本当のニーズはわからない。
私は、そんなことをせずに、たとえば女子高生の実態を知りたいときには、渋谷に行って、彼女たちの言動をウォッチングする」と言っています。
これこそ、本当のマーケティングです。

ドラッカーは、「現場に出て、見て、聞いて、質問しなさい」と言っています。
まさに秋元康さんは、それを忠実に実行しているのです。
秋元康さんは、おそらく「業界用語としてのマーケティング」を否定しているのだと思います。
作り出された状態で本音を引き出せるわけがないことを知っているのでしょう。

マーケティングとは「買う理由を探すこと・気づくこと。そして、買ってもらえる仕組みをつくること」すべてに関わる概念(考え方)です。
不要なはずがありません。

今回のような思考法は、下記のビジネス教材で習得できます

\ 経営の基本をマスターする教材 /

  • 内 容:深く広く考えるために経営知識を体系的に習得する
  • 対象者:経営基盤を強化したい中小企業の経営者
  • 費 用:4,980円(税別)と5,980円(税別)
  • 提供方法:ステップメルマガ形式で月4回、1回20分前後の映像と文章を配信
経営メルマガ会員募集

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. 中小企業経営 不況対策 忍び寄る不況に備える

  2. ドラッカーの言葉 27 ゆでガエルからの脱出

  3. ドラッカーの言葉9 ノウハウの本質

  4. 中小企業経営 正しい答えを引き出すために

  5. ドラッカーの言葉10 知識が事業である

  6. ドラッカー 4 事業分析の始めに問うべきことは?

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL