ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

ドラッカーの言葉 25 対象顧客を絞り込む

【ドラッカーの言葉】対象顧客を絞り込む
われわれの事業は何かを知るための第一歩は、「顧客は誰か」という問いを発することである。
【現代の経営 上】(p.67)

事業は市場・商品・流通チャネルの3つの要素でできあがっています。
ドラッカーのいう「顧客は誰か」とは、対象市場を明らかにしたうえで、その市場での顧客も特定するということです。
市場とは同じニーズの集まりであり、ニーズとは、「顧客がお金と時間を使ってでも欲しい」という欲求です。
ですから、どのような顧客の・どのようなニーズに応えるかを特定することで、事業はかなり絞り込むことができます。
ところが、少しでも多く売りたいために、対象顧客を絞り込まない企業があまりにも多すぎます。
そのために、商品のつくり込みや、提供方法、販売促進まで、焦点がぼやけてしまうのです。
対象顧客を絞り込めば絞り込むほど、事業の特徴が鮮明になり、売りやすくなります。勇気をもって対象顧客を絞り込みましょう。

【ドラッカー100の言葉】(藤屋伸二著、宝島社)より一部加筆修正

今回のような思考法は、下記のビジネス教材で習得できます

\ 経営の基本をマスターする教材 /

  • 内 容:深く広く考えるために経営知識を体系的に習得する
  • 対象者:経営基盤を強化したい中小企業の経営者
  • 費 用:4,980円(税別)と5,980円(税別)
  • 提供方法:ステップメルマガ形式で月4回、1回20分前後の映像と文章を配信
経営メルマガ会員募集

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. ドラッカーの言葉13 既存のものを資源に変える

  2. 中小企業経営 会議の効果的な進め方

  3. 中小企業経営 両利きの経営

  4. ドラッカーの言葉 20 変化の兆しを捕まえる

  5. ドラッカーの言葉 26 未来の暴風雨に備える

  6. 中小企業経営 強みを生かす

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL