ペルソナイズ戦略の策定手順

PERSONIZE STRATEGY
ペルソナイズ戦略の策定手順 PROGRAM 01
ペルソナイズ戦略を理解する

新しい戦略概念のペルソナイズ戦略ですから、その概要を知ることからスタートします。
概要を理解して頂ければ、中小企業やフリーランスの方々にとって、いかに実践的な事業戦略であるか、分かって頂けます。

ペルソナイズ戦略とは何か

ペルソナイズ(personize)とは、
英語のpersonalize(パーソナライズ:「名前をつけて個人の専有物とする」の意)を読みやすくしたものです。
たとえば、「ジャパネットたかた」さんの「ジャパネット」は、「ジャパンネット」を読みやすくしたものだそうですが、それと同じです。
したがって、弊社でいう「ペルソナイズとは、手付かずの市場を見つけて、自社専有の市場にすること」を意味しています。

また、ペルソナイズの語源にもなっているペルソナ(persona)とは、
「自社の魅力を最大限に評価して、自社の望む条件で買ってくれる。そのうえ、新しい顧客まで紹介してくれる理想的な顧客像」です。

2つの単語をミックスしたペルソナイズ戦略とは、
「自社の強みを活かせる、顧客ニーズはあるが対応する商品がない市場を見つけ、他社ができない、あるいは、やりたがらない方法で商品を提供して、その市場を独占する。また、顧客をファン化・信者化するとともにブランドを確立して高収益事業にする仕組みのこと」です。

対象市場の独占を実現するものは「こだわり」

普通のことを普通にやっていたのでは、価格競争に巻き込まれてしまいます。
そのため、ペルソナイズ戦略では、以下の6つにこだわります。

  • 自社の強みにこだわる
  • 対象市場にこだわる
  • 顧客の状況にこだわる
  • 商品構成にこだわる
  • 提供方法にこだわる
  • 流通経路にこだわる

戦略構築 10のステップ

自社に強みがなければ、事業として成り立ちません。
ペルソナイズ戦略は、自社の強みをベースに、4つの機能で戦略を構築していきます。
ただし、実務では、次の10段階に細分化しています。

  • 「自社の強み」を特定する
  • ミッション(志)を決める
  • ビジョン(戦略目標)を決める
  • 他社との棲み分ける市場を決める
  • ペルソナを設定する
  • 提供する価値を決める
  • 取扱商品を選定する
  • 提供方法を決める
  • ファン化・信者化の仕組みをつくる
  • ブランディングのために情報を発信し続ける

なぜ、ペルソナイズ戦略でなければならないか

ペルソナイズ戦略の有効性の根拠は次の6つです。

  • 知識社会になった
  • ITの普及と使用コストが軽減してきた
  • 価値観が多様化してきた
  • 情報量の単位が天文学的数値になってきた
  • 非競争は不況に強い
  • 非競争で下請け的経営から脱却できる

使用する課題シート

自社のこだわりシート
強み発見・認識シート
※シートは変わる可能性があります。

中小企業が継続的に儲かる仕組みをつくるためのペルソナイズ戦略。
ペルソナイズ戦略は、高収益が実現できるオンリーワン戦略です。
  • 地理的・時間的などの理由で通塾できない方はこちら

    ペルソナイズ戦略 映像コース
  • 通塾コースでは一度だけ無料体験ができます。

    ペルソナイズ戦略 通塾コース

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL