ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

経営理念は方法論に転換する

次の文章は、『チェンジ・リーダーの条件』(ドラッカー著)の一説です。

患者の利益になることならば行うべきである。
その収支を合わせることが自分たちの仕事である。

これは、
赤字続きのカトリック系の病院チェーンのCEOに就任した修道女が言った言葉だそうです。

経営者には、
明確なミッション(使命感)がなければならず、
使命を実現するには、優れた方法論が必要になります。

「思いを形に!」これが経営のあるべき姿ですね。

執筆のため、ドラッカーを読み直していて、
目に留まった文章を読みながら感じたことでした。

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. ニッチ戦略と多角化戦略の関係

  2. 藤屋伸二の自己紹介

  3. 藤屋式ニッチ戦略の成否を分けるこだわり

  4. 複数のペルソナを設定してもよいのか?

  5. ドラッカーのマーケティング

  6. 中小企業を継続的に儲かる仕組みに変える4つの戦略群

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL