ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

中小企業のニッチ戦略

再構築していた、
中小企業向けの事業戦略の骨子が固まってきました。
ニッチ戦略 × ゲリラ戦略 × 連携戦略
ニッチが10種類、ゲリラが4種類、連携が4種類、
ニッチ戦略をベースに、ゲリラと連携を組み合わせれば、
ニッチ・トップ(小さな池の大きな魚、
もっと小さな池の唯一の魚)になることが可能になります。
もちろん、このようにして論理的に「見える化」しなくても、
業績をあげられる人もたくさんいます。
しかし、多くの人は、やるべきことを言葉や文字にしなければ、
考えることができません。
ドラッカーは、
「モノづくりは原料を機械にかけることではなく、
論理を仕事に適用すること」と言っています。
これは、モノづくりだけでなく、すべての仕事に当てはまります。
だから中小企業の事業戦略も「文字化」と、
ワークシートで「見える化」しました。
【ドラコン藤屋のニッチ戦略塾】の塾生の皆さんには、
今週土曜日の全国大会で概要を紹介し、
その後の月例のセミナーで、この理論にのっとった事業戦略を、
半年かけてつくりあげて頂きます。
塾生の皆さんの成果が、今から楽しみです!

ペルソナイズ戦略コラム 関連記事

  1. リーダーのコンセプトを矛盾させる戦略

  2. コラム:真摯な経営者、ドラッカーを学ぶ

  3. コラム:品質とは何かを勘違いしていないか

  4. 顧客を創造する2つの機能

  5. ペルソナイズ戦略(藤屋式ニッチ戦略)

  6. 競争に弱くても生存することはできる

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL