ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

ニッチ戦略と多角化戦略の関係

藤屋の定義

限定的な領域で一番になる。
それがニッチ戦略。
その一番のノウハウを活用して、別の一番の領域をつくる。
それがマルチプル・ニッチ、つまり多角化戦略である。

重要なことは自分に置き換えてみること

上記のように、ある事柄を自分なりに定義すると、「やりたいこと」「やるべきこと」の方向性(概要)が明らかになってきます。

私の場合は、「ドラッカーのニッチ戦略を中小企業に浸透させること」が事業目的ですが、「ニッチ戦略」と「多角化」の関係を明らかにすることで、ちょっと考えただけでは矛盾するようなものの、相関関係が明らかになりました。

今日の日経新聞を読んで、ある記事を、自社に置き換えてみました。それが上記の定義です。

経営メルマガ会員募集

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. すでに起こった未来:人口構造の変化

  2. コラム:総合化と専門化

  3. 戦略を策定したらアクションプランに落とし込む

  4. 独自能力型ニッチ戦略

  5. ドラッカーの視点:産業の経済性の弱み

  6. 大企業に対する新規参入の予防策

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL