ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

戦略を策定したらアクションプランに落とし込む

業務は戦略に沿って体系化すること

ドラッカーは、「マネジメント(経営)は実践である。計画だけ作って実行しなければ、それは良き意図にすぎない」と言っています。

だから、戦略も経営計画に転換し、経営計画は実行に移さなければ意味がありません。それにもかかわらず、経営計画は立てるのですが、実行段階では、従来の仕事を繰り返している中小企業が圧倒的に多いのは困った問題です。

実行に移さない原因は、戦略を日常業務に置き換えていないからです。

また、現場では戦略に基づいた業務が体系化されておらず、どのような業務を行なえば、戦略が達成できるかの全体像が見えないまま、社員は従来の日常業務をしていますので、せっかく策定した戦略が機能することはありません。

こうした状況に陥らないように、戦略は経営計画に、経営計画は行動計画に落とし込みましょう。

ペルソナイズ戦略コラム 関連記事

  1. 独自化の勧め

  2. 競合他社の追随を排除する

  3. すでに起こった未来:知識の領域

  4. 企業の目的は顧客の創造

  5. ペルソナイズ戦略とは 継続的に儲かる仕組みである

  6. 新刊『ドラッカー思考法大全』が出ました!

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL