ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

モチベーション・アップのために

戦略目標を言葉と数値で示す

目標と目的という言葉があります。目標とは「到達地点」です。言い換えると、「いつまでに・どのレベルまで」になります。

一方の目的は、その「理由や狙い」です。「何のためにやるのか」にあたります。例えば、金属機械のメーカーが、「中小金属加工業の生産性向上に貢献したい」というのが目的です。そして、「そのために開発した機械を3年間で100社に導入したい」というのが目標です。それをどのような方法で達成させるかが戦略です。このように、言葉と数値で「なりたい姿」を表せば、何をどのようにすれば、3年後になりたい姿になれるまでの道筋が描けるようになります。その結果、各人の「仕事の種類」と「その質」と「仕事量」も明らかになってきます。

元女子卓球日本代表監督:村上恭和氏は、「チームワークとは、戦略と役割の徹底」と言っていますが、目標は、ひとつのチームとして協働するための必須要件なのです。なお、村上氏にとっての目標は、オリンピックでの金メダルの獲得でした。

経営メルマガ会員募集

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. ニッチ戦略

    ニッチの法則その1:環境認識

  2. ドラッカーの視点:ペルソナのニーズを創り出す

  3. ニッチ戦略

    ニッチの法則 その10:流通経路

  4. ニッチ戦略塾の基本的な考え方

  5. ぴよぴよドラッカー教室 013:優れたNPOから学ぶこと

  6. ニッチ戦略

    ニッチの法則 その4:市場のセグメンテーション

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL