ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

強みあるのに売上も利益も伸びていないのは問題だ!

強みがあれば、利益も出るし、新しい事業展開もできているはずです。
それができていないのであれば、強みの使い方に問題があります。

◆強みが利益を生みだす源泉◆

ピーター・ドラッカーの言葉で言えば、「強み(知識)とは、成果をあげる能力」となります。

もし、現在、利益があがっていないのであれば、強みを活用していない。あるいは、利益に転換できていないと考えるべきです。
また、売上げが伸び悩んでいるのであれば、明らかに「強みの活用法」に問題があります。
たとえば、せっかく優れた商品を、商品の価値を認めようとしない価格優先の方々に販売しているなどが考えられます。

さらには、強みの用途開発をせず、宝の持ち腐れ状態にしていることも考えられます。

◆強みを活かす藤屋式ニッチ戦略◆

このような非生産的な経営と決別し、御社の強みを「利益」と「成長のエンジン」に変えるのが藤屋式ニッチ戦略です。

藤屋式ニッチ戦略は、非競争・弱競争の市場をさがして集中的に取り組み、継続的に儲かる仕組みをつくる中小企業に最適な事業戦略です。

ニッチ戦略を体系的に学びたい方は、こちら
『ドラッカーに学ぶ 「ニッチ戦略」の教科書』(藤屋伸二著、ダイレクト出版)

ペルソナイズ戦略コラム 関連記事

  1. 大企業に対する新規参入の予防策

  2. ニッチ戦略とブルーオーシャン戦略の違い

  3. ドラッカーの本当の価値を売る戦略

  4. 『ドラッカーに学ぶ「ニッチ戦略」の教科書』

  5. 藤屋式ニッチ戦略の事例

  6. 差別化と独自化

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL