ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

中小企業を弱者と考えるのは問題だ!

◆中小企業は弱者ではない◆

「中小企業は弱者だ」という考え方があります。

本当でしょうか?

これは、大企業を基準に考えているからです。
そもそも、大企業と中小企業は、まったく別な機能と役割をもった存在です。
たとえば、あなたは、マンモスタンカーを強者、手漕ぎボートを弱者と考えますか?

考えませんよね!

それは、そもそも、機能が違うからです。
この事例と同じくらい、大企業と中小企業は、違う存在なのです。
ですから、中小企業は、自らの強みを活かして、自社に有利な市場(ニッチ市場)に特化して、大企業と棲み分けすることです。
これが生態学的ニッチ(適所、棲み分け)という発想です。

◆ニッチ戦略の常識を変える◆

常識とは逆に、「中小企業が強者になる市場」には、どのようなものがあるかを考えてみましょう。
既存の市場を分割・細分化していくと、思った以上に手付かずの優良な市場が放置されています。
既存の市場を分割・細分化していくわけですから、当然、一つひとつの市場サイズは小さくなります。
したがって、大企業には魅力がありません。ですから、中小企業が占有できる市場になります。

藤屋は、このような視点から、ニッチ戦略に対する認識を、根本から変えたいと思っています。

でも、世の中に浸透してしまっている「ニッチ戦略=すきま戦略」を覆すことは、そう簡単ではありせん。

そこで、「藤屋式ニッチ戦略という新しいジャンル」を創りました。そうすると、既存の概念を覆すというマイナスからスタートするのではなく、新しいジャンルの普及からスタートできるからです。
藤屋式ニッチ戦略は、非競争・弱競争の市場をさがして集中的に取り組み、継続的に儲かる仕組みをつくる中小企業に最適な事業戦略です。

ニッチ戦略を本で学びたい方は、こちら
『ドラッカーに学ぶ 「ニッチ戦略」の教科書』

藤屋式ニッチ戦略を映像で学びたい方は、こちら

【藤屋伸二のニッチ戦略塾】通信講座

ペルソナイズ戦略コラム 関連記事

  1. 企業の目的は顧客の創造

  2. ドラッカーの視点:弱みをチャンスに変える

  3. 【ドラコン藤屋の経営塾】の札幌会場がスタートしました。

  4. ニッチ戦略

    ニッチの法則 その10:流通経路

  5. イギリス国民投票の教訓

  6. ドラッカーの視点:事業規模のアンバランス

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL