ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

ニッチ戦略:はじめに

中小企業の強みを「利益と売上げ」に変えるニッチ戦略。
中小企業やフリーランスの方が「継続的に儲かる仕組み」をつくるための事業戦略です。

こんな状況になれば継続的に儲かる

  • 競争がなくなれば、利益が取れる
  • ファンや信者のような顧客ばかりなら、集客が楽になる
  • ブランディングできれば、経営基盤が確立する

この3つがそろえば、「継続的に儲かる仕組み」ができます。
こうした状況をつくるのがニッチ戦略です。

ニッチ戦略は、時代の最先端を行く事業戦略です

AIやIoTなどの進化で情報化社会から、本格的な情報社会へ。
そしてさらに知識社会へと、世の中の流れが変わろうとしています。
中小企業やフリーランスの方には、この環境変化に対応する事業戦略が必要です。

ところが、既存の事業戦略では、十分に対応できそうにありません。
大幅な修正や、根本的な見直しが必要になると考えました。
そうなると、基本的な理論が崩れる可能性が出てきます。
それだったら、新しい事業戦略を創ったほうが速いと考えたのです。
そうしてできあがったのが、ニッチ戦略です。
ニッチ戦略は、現状打開を図りたい、中小企業やフリーランスの方の成長戦略です。

ニッチ戦略が成長軌道に乗る理由

ニッチ戦略は、業界の常識、業界の商慣習、社内の常識にとらわれている「あなたの既成概念」から解き放しますので、視界が広がり、再び成長軌道に乗ることができます。

ニッチ戦略とは新しい独自化戦略

ニッチ戦略は、

  • 自社の強みをベースに、中小企業の事業戦略に必要な4つの機能である、
  • 他社との市場の棲み分ける(生態的ニッチ)
  • 選択した市場を新分類する(カテゴライズ)
  • 顧客のファン化・信者化する
  • ブランディングする

を、1つの事業戦略(独自化戦略)に統合したものです。
なお、ニッチ戦略の理論の核になっているのは、やっぱり、私(藤屋伸二)の得意分野であるドラッカーです:笑。

次回から、中小企業やフリーランスの方々に最適な、新しいカテゴリーの独自化戦略であるニッチ戦略を、15回にわたって解説していきます。

経営メルマガ会員募集

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. 多角化戦略を成功させるにはニッチ戦略に基づくこと

  2. ニッチ戦略 独自化市場の見つけ方

  3. 他社の主力事業を受託する戦略

  4. 藤屋式ニッチ戦略の成否を分けるこだわり

  5. ニッチ戦略 独自化戦略

  6. スイッチング高コスト型ニッチ戦略

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL