ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

事業戦略論の役割

◆経営者は作曲家である◆

オーケストラにおいて、楽譜がなければ、指揮者は指揮することができないし、演奏者は、自分がどのように演奏すればよいのか分かりません。
楽譜には、その曲が、どのようなものであり、どのように演奏するかの情報があります。
会社経営において、この楽譜にあたるものが事業戦略です。

オーケストラにおける指揮者は、どの曲を演奏するかを決め、どのように演奏するかを決めます。
ときには、演奏会の主催者が選曲する場合もあるでしょう。
しかし、会社経営の場合は、自ら作曲(事業戦略を策定)しなければなりません。
その事業戦略のもとになるのが、経営理念(ミッション、志)、経営方針、経営環境、事業目的、自社の強みです。
また、事業戦略には、市場、商品、流通経路の3要素が入っていなければなりません。
それは、俳句に季語が入っていなければならないのと同じで、策定の必須条件です。

◆経営者は指揮者である◆

経営者は、作曲(事業戦略を策定)するだけでは仕事の半分をしたにすぎません。
策定した事業戦略を、自ら陣頭に立って指揮しなければならないのです。
しかも、中小企業の場合は、オーケストラの楽譜と同じように、各パートのための楽譜まで、経営者がつくらなければなりません。
そうした意味では、中小企業の経営者は、大企業経営者の何倍も広い分野での有能さが求められます。
しかも、大企業のように、優秀なスタッフが補佐をしてくれるわけではありません。
逆に、スタッフを補佐しながらの作曲活動であり、指揮者の仕事をしなければならないのです。

また、音楽の作曲家とちがって、作曲した曲(策定した事業戦略)も、環境変化や状況の変化に合わせて修正したり、最初からつくり直したりしなければなりません。
事業戦略論は、作曲の仕方(事業戦略の策定方法)と、指揮の仕方(リーダーシップの取り方)を教えてくれる教科書です。

◆事業戦略論は事業戦略の作り方と運営の仕方の教科書◆

教科書は何種類もありますので、どの教科書を参考にするかも、経営者の重要な仕事になります。
理論には2通りあり、ひとつは、定義などを教えてくれる学問的や抽象的な理論です。
もうひとつは、因果関係(原因と結果)を教えてくれる理論です。
研究者が書いた事業戦略論は前者のものが多く、経営者が書いた事業戦略論には、後者のものが多くなっています。
ただし、経営者が書いたものは、自分の経験をもとに書いていますので、特定の経営者が行なった、特定の状況でのみ、通用するものであることが多いようです。

なお、経営コンサルタントである私が創った【ペルソナイズ戦略論】は、「良い理論ほど、実践的なものはない」ようにするため、実践的かつ普遍的なものに仕上げています。

【ペルソナイズ戦略塾】映像コースのご案内はこちら

ペルソナイズ戦略コラム 関連記事

  1. 最適な流通経路を選択する

  2. 事業を通して社会貢献する

  3. 事業の基盤は「自社の強み」

  4. ブランディング

  5. 独自化戦略

  6. ペルソナイズ戦略:はじめに

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL