ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

なぜ、継続的に儲かる仕組みになるのか?

ペルソナイズ戦略は、「マネジメント(経営)の父」と呼ばれているピーター・ドラッカーをベースに、事業戦略に必須の要素を織り込んでいるから、継続的に儲かる仕組みになるのです。

◆ドラッカー思考が基底にある◆

ペルソナイズ戦略は、ドラッカーの「顧客が事業であると同時に、強みが事業である」という思想にもとづいています

また、ドラッカーの事業戦略には、顧客を創造する2つの機能として「マーケティング」と「イノベーション」があります。
ドラッカーをベースにしているペルソナイズ戦略には、この2つの機能も織り込んでいます。
だから、継続的に儲かる仕組みになります。

◆自社の強みを活かす◆

「買う」か「買わないか」の決定権は顧客が持っています。
その顧客を買いたい気持ちにさせるには、商品そのものか、提供方法に魅力が必要です。
その魅力を創り出すのが、自社の強みです。
したがって、強みを持つことは必須条件です。
自社の強みを活かせるようになれば、儲かる基盤ができます。

◆非競争の事業環境を創り出す◆

業績が悪い企業の共通点は、競争環境に身を置いていることです。
したがって、高収益事業に転換するには、競争環境から抜け出す必要があります。
競争環境から抜け出せれば、儲かる仕組みになります。

◆その市場を独占する◆

そのためには、新しいカテゴリーの市場を創り出し、その市場を独占することです。
それは、一見、儲かりそうにないと思わせる状況を創り出すことで実現できます。
儲かりそうにないとは、あえて、手間をかける、時間をかける、人手をかける、コストをかける仕組みにすることです。
なお、社外からは儲かる仕組みが見えないようにする必要もあります。
そうすれば、追随する会社がないので、儲かる仕組みになります。

◆顧客をファン化・信者化する◆

インターネットやチラシなど、情報が氾濫しているなかでは、新規顧客に情報が到達しにくくなっています。
したがって、顧客獲得でもっとも効率的な方法は、既存顧客のヘビーユーザー化であり、既存顧客からの「口コミ」です。
どちらも、既存顧客を大切にする以外に方法はありません。
既存顧客がファンや信者になって、ヘビーユーザー化してくれるうえに、率先して口コミしてくれる仕組みをつくることが、もっとも確実な(急がば回れの)業績アップの方法です。
つまり、顧客をファン化・信者化できたら、儲かる仕組みになります。

◆ブランドを築きあげる◆

ブランドの辞書的な定義は、「ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念」です。
これをペルソナイズ戦略的に定義すると、「特定の人に、事業や商品に対して、自社の望むイメージをもってもらうこと」となります。
言い換えると、「誰に、どのように記憶してもらいたいか」です。
そのためにも、商品や提供方法に「こだわり」があれば、それを顧客にアピールします。
そして、その「こだわり」や、事業や商品をイメージできる「3つの魅力」と「キャッチフレーズ」を決めて、情報発信し続けることです。
そうすれば、儲かる仕組みになります。

これら、5つの要素で事業戦略を構築すれば、継続的に儲かる仕組みになります。

◆あなたへの質問◆

あなたの会社は、継続的に儲かる仕組みになっていますか?

【ペルソナイズ戦略】映像コースのご案内はこちら

ペルソナイズ戦略コラム 関連記事

  1. ドラッカーの生態的ニッチ

  2. ペルソナを設定して客層を変えてしまいたいときの実務

  3. 事業の基盤は「自社の強み」

  4. 早くて低コストの商品開発の実務

  5. 複数のペルソナを設定してもよいのか?

  6. 独自化のための生態的ニッチ戦略その1:選択と集中

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL