ペルソナイズ戦略コラム

PERSONAIZE STRATEGY COLUMN

独自化市場の見つけ方

業界の常識や商慣習から離れれば、顧客ニーズはあるが対応している商品がない、手付かずの市場を見つけることができます。

◆顧客の「困った」に応える◆

顧客の「困った」を有料で解決するのがビジネスです。
しかし、すべての顧客の、すべての問題解決には対応できません。
したがって、「誰の・どのような問題を解決するのか」を決めなければなりません。
それが事業目的です。
事業目的にそって、他社でも解決できる問題ではなく、あるいは、面倒くさそうだし儲かりそうにないので、誰もが手を出したくない顧客の問題解決に取り組むと独自化できます。

◆顧客の「もっと〇〇したい」に応える◆

人の欲望に上限はありません。「もっと、もっと何とかしたい、何とかなりたい」というニーズに応えることがビジネス・チャンスになります。
これも、他社とは違うニーズに応える必要があります。

◆「業界の非常識」に対応する◆

常識とは、皆が正しいと思っていることであり、絶対的な正しさではありません。
常識は、時代によって変わるものです。
しかし、現在の常識を絶対的だと信じている人がほとんどです。
また、業界での常識は、その多くが、供給者の都合、あるいは、一部の大口顧客のニーズによってできあがっています。
ですから、業界とは違う常識を持つことで、ニッチなビジネス・チャンスをつかむことができます。

◆あなたへの質問◆

  • 業界の非常識にはどんなものがありますか?
  • 顧客を観察していますか?
  • 顧客に質問していますか?
  • 業界の常識や商慣習を疑っていますか?

【ペルソナイズ戦略塾】映像コースのご案内はこちら

ペルソナイズ戦略コラム 関連記事

  1. 低コストで確実な顧客の増やし方

  2. 早くて低コストの商品開発の実務

  3. ペルソナイズ戦略:はじめに

  4. ペルソナイズ戦略の概要

  5. 事業戦略論の役割

  6. ペルソナイズ戦略の成功事例

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL