藤屋伸二のニッチ戦略塾 上級コース藤屋伸二のニッチ戦略塾 上級コース
ニッチ戦略+中期経営計画で営業利率10%超を目指す中小企業と、
それをサポートする士業・経営コンサタントのための

藤屋伸二のニッチ戦略塾 上級コース

「顧客のニーズに応える」とともに、「顧客のニーズを創り出す」

藤屋伸二のニッチ戦略塾 上級コースでは売上高10億円以上で50億円超を目指す方を想定しています。
その規模になると、戦略だけでなく、中期経営計画が必要になります。
また、組織の動かし方、人事などの要因も、成長に大きな影響を与えるようになります。したがって、プログラムには、ニッチ戦略、経営計画、組織、人事があります。

なお、上級コースではニッチ戦略の基礎知識が必須になります。
上級コースの入塾には、「通信コース」または「通塾コース」に入塾され講座を終了した方に限ります。

主な対象者

  • 藤屋式ニッチ戦略の映像コース・通塾コースの在籍者、修了者
  • 売上高10億円(あるいは粗利益額3億円程度)以上の中小企業の経営者・後継者。それらの企業をサポートする士業・経営コンサルタントの方

藤屋伸二のニッチ戦略塾 上級コースの概要

経営の基礎知識

マネジメントの父と呼ばれているピーター・ドラッカーの経営理論を中心に、中小企業の必要な経営の基礎知識を取得して頂きます。
売上高50億円をめざす経営者なら、経営を体系的に理解し、自社が何をすべきか、何をしないべきかを知っておく必要があります。
また、会社の規模が大きくなる段階で、各種の課題が出てきます。それを事前に知って準備しておくことで、大きな混乱を防ぐことができます。

事業戦略

本塾はニッチ戦略を身につける塾ですが、ニッチ戦略以外にも、併用すると効果的な戦略があります。
したがって、中小企業が使える他の戦略も学んで頂きます。
そのうえで、ニッチ戦略の策定実務を習得して頂きます。

中期経営計画

戦略は、計画に落とし込まなければ、絵に描いた餅になってしまいます。ここでは、ピーター・ドラッカーが提唱する「8つの目標」で中期経営計画を策定して頂きます。

組織分析

「組織構造は戦略に従がう」というイゴール・アンゾフの言葉があります。戦略を推進するための組織に移行しなければなりません。
そのため、(1)活動分析、(2)意思決定分析、(3)関係(貢献)分析の3つの視点から、組織を見直してきます。中小企業がもっとも弱い部分ですから、これを知ることで強い組織に転換することができます。

人事と教育訓練

人と仕事をマッチングさせなければ、強くて良い会社、効率的な組織にはなれません。
適材・適所・適時・適量・適価の5つの視点から、人材の採用・配置・教育訓練の仕組みを整えます。

上級コースの詳細

上級コースの各回テーマ

1.藤屋式ニッチ戦略を理解する
2.「自社の強み」と「得意な事業展開の方法」を知る
3.経営方針(仮説)を決める
4.ペルソナを設定する
5.事業展開の実務①対象市場を絞り込む
6.事業展開の実務②対象市場をずらず、変える
7.情報発信力を強化する
8.理想事業を設計する
9.藤屋式ニッチ戦略を策定する
10.戦略に基づく組織と人事の見直し
11.事業計画を策定する
12.「事業計画の発表」と「まとめの講義」

異業種経営者からの情報収集と塾生同士の切磋琢磨

身につく主な知識

  • ニッチ戦略の考え方
  • 中小企業のマーケティングの考え方
  • 中小企業のイノベーションの考え方

藤屋伸二のニッチ戦略塾 上級コースの流れ

講義 ⇒ 発表 ⇒ 質問・アドバイス ⇒ 修正 ⇒ 次の講義 ⇒ ・・・
インプットとアウトプットを繰り返す塾形式です。
各回とも、講義と課題シートを使って、講義を自社に置き換えてもらいます。
課題シートに取り組むことで、理解できている所と、できていない所があきらかになります。この確認を繰り返して理解することで、理解しているつもりが、本当の理解に変わっていきます。

前月の振り返り講義

前月の講義内容を、30分程度で要約(ダイジェスト)的に復習します。
これにより、講義に連続性が出てきます。また、前月の復習をすることで、その後に行なう塾生による課題発表の内容やレベルを評価できるようになります。

課題発表

前月の課題をグループで発表(持ち時間15分)して頂きます。その後、一人ないし二人の方に、全員の前で発表して頂きます。
発表の目的の第1は、学んだことを人に伝えられるまで理解することです。第2は発表に対する質問とアドバイスを頂くことです。
これにより、より本質的な経営課題に気づき、利益を伴う売上増に結びつけることができます。
毎月のセミナーは、講演会のような一方向の形式ではなく、質疑応答、講義と発表の繰り返しでニッチ戦略思考を確実なものにしていきます。
塾生さんが主役になる課題発表の時間は約120分。

アイデアの出し方

  • 創造的模倣

    他社の成功をひと工夫してマネする

  • 用途開発

    成功したものを転用する

  • 新結合

    何かと何かをくっつける

今月のテーマの講義

当月のテーマについて60分前後で講義します。
講義は、藤屋式ニッチ戦略の基本的な考え方や応用の仕方について、事例や図表などをフルに使ってわかりやすく解説します。
講義中でも、塾生に質問したり、質問の答えについてアドバイスしたりしながら、一方通行にならないように配慮しています。

懇親会

真面目な勉強のあとでは、 藤屋や学習意欲が高い仲間と気楽に本音の情報交換をしましょう。
ここでは個別の相談にも気軽に応じています。なお、懇親会への参加義務はありません。
参加をご希望される方だけご参加ください。

会費 〜入塾料は無料、月額50,000円です〜

セミナーとDVD、塾報誌がセットになって、月額50,000円(税別、前月支払い)

お支払方法は口座振替(自動引落)

  • ご指定の銀行口座を登録して頂き、その口座から毎月引き落としされます。
  • 塾生様のご事情で中途退塾しても、ご返金は致しません。
  • 塾生資格は口座振替の翌月末までとなります。

会費に含まれるサービスメニュー

塾報誌の発行

セミナーの理解を深めるために、セミナーの内容を要約したもの、塾生の事例、藤屋のコンサルティング先の事例、通常知ることが出来ないシークレットな事例やノウハウ満載の塾報を、毎月お送りします。
読書が好きでない人でもムリなく読めるボリュームで、継続的な勉強につながります。
セミナーの収録DVDが送られてきます。
送られてきたDVDを繰り返し聞くたびに理解が深まっていきます。
また、欠席したときには、講義に空白ができないように継続学習に役立っています。

毎月の例会への出席

例会への出席は課題提出が条件です。半年間に課題の未提出が2回で退塾となります。

講義を収録した映像(全員に)

メールでの課題シートの事前チェック

「映像」と「パワーポイントのレジュメ」と「塾報」で、毎月のテーマを反復学習してください。業績アップまでの期間が短縮できます。

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL