ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

究極のニッチ戦略

「一人」あるいは「一社」のために、店舗や事業の仕組みをつくること。
それがペルソナ(象徴的な顧客像)。

しかし、一人や一社のためにつくった店や仕組みには、
同じようなタイプ・嗜好の顧客が集まるようになる。

特定の人達のための店や仕組みは、他の店や仕組みとちがう。
特定の人には好かれるが、それ以外の人には興味を示されないか、嫌われる。
たとえば、禁煙で、ゆっくりしたい人の喫茶店「スターバックス」がその好例だ。

経営メルマガ会員募集

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. 藤屋伸二の見聞思 ユニリーバのダヴのCMを見て

  2. 004 人のマネジメントの原則

  3. 012 利益は目的ではなく事業活動の結果である

  4. 002 会社の役割

  5. 藤屋伸二の人物像

  6. 見聞思2:自分の強みを商品にする

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL