ニッチ戦略コラム

NICHE STRATEGY COLUMN

ミスター・ニッチ戦略

ドラッカーからの質問

ドラッカーからの質問で最も有名なのは「5つの質問」です。
しかし、人生における究極の質問は、「どのような人として記憶されたいか?」でしょう。
昨日、「ドラッカー101の名言」の「No.1 企業の存在意義、何によって知られたいか」の原稿を書きました。
弊社の主力事業である「藤屋塾」(藤屋伸二の経営計画塾 映像コース、通塾コース、上級コース)は、「中小企業の強みを「利益」と「成長のエンジン」に変える藤屋式ニッチ戦略塾」として知られたいです。
「では、あなた個人は、何によって知られたいか?」と尋ねられたら、「何と答えるのだろう?」と、「ふっ」と自問自答してみました。

「ミスター・ニッチ戦略」と記憶されたい!

一人でブレーンストーミングしてみました。

    ・ニッチ戦略の第一人者
    ・日本一ニッチ戦略を分かりやすく伝える男
    ・質問の達人
    ・詰め達先生(詰める達人)などなど

どれもしっくりきません。
ところが、先ほど、トイレに入っているときに
「ミスター・ニッチ戦略」が浮かんできたのです。

「ミスター・ジャイアンツ」は長嶋茂雄さん
「ミスター円」は榊原英資さん

ある世界を代表する人に対する最大の称号が、「ミスター〇〇」ではないか?
だったら、「そう呼んでもらえるように、尽力しよう!」と思ったのです。
さて、何を・どのようにしたら、「ミスター・ニッチ戦略」と呼んでもらえるようになるのか?
それは、これからじっくり考えていくことにします:笑

ニッチ戦略コラム 関連記事

  1. 昨日は、神戸市でドラッカーのニッチ戦略セミナーでした

  2. 003 わが社の事業は何か?

  3. 003 新しい市場を創造する

  4. 005 現在と将来のマネジメント

  5. 究極のニッチ戦略

  6. 006 マネジメントの多様性

藤屋式ニッチ戦略塾

NICHE STRATEGY CRAM SCHOOL